FX取引教室

株に興味があるけどまったくわからない人のための情報

まったく投資をしない人でも、なんとなく株をはじめてみたいと思うときがあるのではないでしょうか。
単純に儲かっている人の話を聞いて自分もやってみたくなったり、本業の稼ぎがイマイチなので副業としてやってみたいなど様々な理由があると思います。

今回は株式投資に関して何も知らない人に向けた、超初歩的な株式投資の紹介をします。興味のある人は参考にしてみてください。


■他の投資と株の違いとは?

まず他の投資と株式投資の違いから考えてみましょう。投資ならなんでもいいというのであれば、FXやバイナリーオプションなど選択肢はたくさんあります。
株を購入するのはもちろん、株が値上がりして売却することで利益を得たり、あるいは配当を得ることです。他の投資と同じく、株も利益を出すことが目的ですが、株には他の楽しみ方もあります。

例えば株を所有していると、その企業から株主優待をもらうことができます。その企業の商品をもらうことができたり、その企業でだけ使える商品券がもらえたりします。
単純に株価だけではなく、株主優待を目的として自分の好きな企業な株を購入するという人も多いです。株を購入することで、その企業を応援するという意味合いもあります。
自分の好きな企業が、すてきな商品やサービスを作ってくれたりして、今以上に成長してくれたら嬉しいと思いませんか。


■証券会社はどこも同じ?

株式投資の目的は様々でしょうが、実際に取引を行うためには証券会社に口座を開く必要があります。
日本にも証券会社はたくさんありますので、どこを選んだらいいのか悩むと思います。どこの証券会社でも同じように思うかもしれませんが、それは大きな誤解です。

証券会社にはそれぞれ個性があり、自分にぴったりな会社がある一方で、いまいち相性がよくない会社もあります。
それぞれの証券会社は少しずつ提供しているサービスやシステムが違いますし、手数料やサポート体制なども見逃すことができません。
証券会社のウェブサイトをよくチェックして比較してみることが大切です。少し時間はかかってしまうかもしれませんが、適当に申し込んであとで後悔するよりはいいのではないでしょうか。


■口座を開くのって大変?

証券会社に口座を開設して実際に取引をするのは非常に手間がかかりそうですが、実際には投資初心者でも簡単に始めることができます。
難易度で言えば、クレジットカードを持つときの手続きと同じぐらいと思ってもらえば間違いありません。求められる必要事項が多いのでわずかに手間はかかりますが、決してハードルは高くありません。
特に現在はインターネットから申し込むことができる証券会社が多いので、昔と比べても簡単になっています。