FX取引教室

株投資をするなら安全な投資信託がおすすめ!

今年に入ってマイナス金利が導入され、日本ではますます超低金利時代が進んでいます。

これほど金利が低くなってしまうと、預貯金をしていてもほとんど意味がありませんよね!もちろん、金利変動型の貯金もあるにはありますが、今後もよほどのことがないかぎり、日本で大きな利上げは期待できません。

そこで注目したいのが株投資です。株投資ならうまくいけば、資金を大きく増やすことも夢ではありません!

ただし、それは同時にリスクを抱えるということでもあります。

株投資というのは、持っている株の価格が上がれば上がるほど資産が増えていきますよね。それに加えて、企業の業績がよければ配当金も受け取ることができます!でも、その一方で、企業の業績が悪かったり、不祥事などのトラブルが起こったときには、一気に株価が下がってしまうことも珍しくありません。そうなってしまえば、もちろん配当金が出ることもありません!

このようなリスクを考えずに株投資をしていると、資産がゼロになってしまう可能性もあるということはおぼえておいてください!

では、初心者が株投資をするにはまず何から始めればよいのでしょうか?

たとえば、株主優待を目的にする方法があります。株主優待というのは、株に投資してくれている人に対して、企業がさまざまなサービスを提供してくれることです。たとえば商品券だったり、無料チケットをもらうことができます。このようなものを利益と考えれば、たとえ株価が下がったとしても、その分はカバーできるわけですね!

ですが、もっともおすすめできるのはやはり投資信託です!投資信託なら、プロに運用をすべてまかせられるので、あれこれ株について勉強する必要もありません。もちろん、投資信託でもマイナスが出ることはありますが、少なくとも素人がやるよりはその可能性は圧倒的に低くなります!

この投資信託のなかでも、最近特に人気となっているのがREITです。

REITというのは、株ではなく、ビルやマンションなどの不動産に投資する投資信託のことです。利益は、不動産の賃貸や売買から分配されることになり、配当金と同じように分配金というものをもらうこともできます!

不動産の価値は、アベノミクス以降ますます高まっています。三大都市圏では地価が大きく上昇しつづけ、今年に入ってからは全国平均の路線価も8年ぶりの上昇となりました。

また、不動産の価値が上がるということは、それだけ担保としての価値も上がることになります。そのため、不動産に対してますます多くの資金が貸し出されるようになっているわけですね!

このように不動産の需要が高まっている原因は、もちろん金利の低下です。

現在は円高を解消するための追加緩和策も近いと見られているので、ますます不動産の需要が高まっていくのは間違いないでしょう!

さらに、忘れてはいけないのが2020年に開催予定の東京オリンピックです!

道路などのインフラ整備を始め、観光客を見込んだ宿泊施設などもますます増えていくことが予想されます。このような流れを考えても、あと5年はREITで大きなマイナスが出ることはないと考えてもいいでしょう!

みなさんもこの機会に、ぜひ投資信託を始めてみてください!

情報源: ワイバイナリー.jp